2005年11月24日

ジャパンカップ投票所!

世界の強豪か?日本の侍か?ジャパンカップで激突!

下記投票所から投票を受け付けます!

top_r1_c1.jpg

ジャパンカップ投票所(/´△`\)



前回のマイルCSの競馬道GT4の公式予想ですが、◎ハットトリックだったものの、相手が抜け。
KCL株式会社公式予想は◎ダイワメジャーだったものの、相手抜け。

これで競馬道GT4公式予想の3勝1敗1分けとなりました。。。


今週の競馬道GT4の公式予想はこちら



叩き2走目は3着候補?山本厩舎

前走天皇賞・秋で牝馬ながら見事盾を手にしたヘヴンリーロマンス。同馬を管理する山本厩舎のローテーション戦績(過去3年)を見ると、休み明けのほうが連対率が高いことがわかる。叩き2走目はというと、複勝率がグンと上がっており、この傾向からは、3着候補として狙っていったほうがいいかもしれない。

叩き2走目は複勝率が上がる山本厩舎

乗り替わりは吉? ゼンノロブロイ

前走天皇賞・秋で2着と2着続きのゼンノロブロイ。今回前走騎乗の横山典騎手はアドマイヤジャパンに騎乗、デザーモ騎手に乗り替わり。デザーモ騎手への乗り替わり成績(過去3年)を見てみると、横山典騎手からの乗り替わりが5勝とトップ。連対率、複勝率も高く、データ上からはジャパンC連覇への期待が高まる結果となった。

デザーモ騎手への乗り替わりで勝てるか?


人馬とも東京芝2400m得意のタップ!

出馬表集計機能を使って出走予定馬の戦績をチェックしてみたところ
【芝2400m巧者 】
・ゼンノロブロイ    (2.2.0.0)
・タップダンスシチー (3.1.2.2)
【東京芝2400m得意】
・ゼンノロブロイ (2.1.0.0)
・タップダンスシチー (2.0.0.0)
【東京芝2400m実績】(過去3年・10騎乗以上)
・佐藤哲騎手 (2.2.2.5) 連対率 36.4%
・安藤勝騎手 (2.1.3.4) 連対率 30.0%
・横山典騎手 (2.6.0.20) 連対率 28.6%


このコース・距離得意なのは、ゼンノロブロイとタップダンスシチー。特に最近不本意なレースが続いているタップダンスシチーは一昨年の覇者。天皇賞からの距離延長で、あっと言わせる場面があるかもしれない。

タップダンスシチーは馬、騎手ともに東京芝2400mと相性がいい

◎ ゼンノロブロイ
○ アルカセット
▲ ウィジャボード
△ ヘヴンリーロマンス
× タップダンスシチー
× ハーツクライ
馬連 ◎−○、▲、△、×、× 、○−▲、△、×、×
(計9点)
3連単
1着 ◎○▲
2着 ◎○▲△
3着 ◎○▲△××
(計36点)



■ジャパンC
 外国馬のデータがないため、日本馬のみの集計となったが、そのなかではゼンノロブロイとヘヴンリーロマンスの天皇賞1・2着を上に見たい。とくにゼンノロブロイはデザーモ騎手への乗り替わりに妙味。一方のヘヴンリーロマンスは、厩舎のローテから見て2、3着候補として押さえておきたい一頭。
 この2頭のあいだに割って入るとすれば、日本の馬場を熟知するデットーリ、ファロン騎乗のアルカセット、ウィジャボードの外国勢2頭。そして、このコースと相性のいいタップダンスシチー。とにかくメンタル面で復活してくるかどうかがカギ(11月22日現在の予想)。
posted by ひろく〜ん。。。 at 16:23| Comment(3) | TrackBack(0) | 投票所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。